閉じる
このページを見ている人が購入している商品

\エントリーでポイント10倍!/ドローン 送料無料 カメラ付 DJI 【MAVIC AIR (アークティックホワイト) FLY MORE COMBO】フライモアコンボ (1年間 DJI無料付帯保険付) マビックエア 小型 ※離島送別
DJI Mavic Air - プロペラ
DJI Mavic Air Fly More Combo ディージェイアイ (ドローン本体) startcp
DJI Mavic Air Fly More Combo ディージェイアイ (ドローン本体) startcp
【メール便送料無料】 MAVIC PRO マビック 送信機ケーブル Mavicケーブル Lightning iphone ipad コネクター MAVIC備品 Mavicアクセサリー 周辺機器 DJI 小型
DJI Mavic Pro プロペラガード # MP32PG ディージェイアイ (ドローンアクセサリ) [PSR]

楽天ウェブサービスセンター

ドローン MAVIC 世界の非常食になりませんように

Djiの自動航行アプリ、Dji GS Proがいつものことですが、

“突然”リニューアルされました。

 

但し、既にインストールしている方は、多分気づかれない方も多いかと。

その場合は、Appストアから、アップデートしてください。

 

実際、私も受講生のiPadに「さあ、GSProインストールしてみましょうね。」と誘導して、開けてびっくり、何この最初の画面!?

更新内容は、Djiに問い合わせければ分からないことも多く、詳しくは後日として。(”情報センター”なる窓に書かれた変な日本語なんとかして!)

※これも慣れたことですが、Manualの更新は無しです。

 

Djiアカウントでログインすると、これまで保存できなかったGSProを使った、自動航行での飛行記録が取れる様になり、ミッションもクラウドにアップされるようになってます。

 

そして、有料機能ですが、チームでミッションを共有したりできることは、大きいかもですね。

(その他有料機能を購入することも最初の画面から出来ます。)

 

99のウェイポイント制限も廃止されたので、測量など実務でも使いやすいものに、より近づいたと言えると思います。

 

そして、プロも使いたくなる小型ドローンとして、最近発売されたMAVIC2Pro /Zoomにも対応したとのことで、小規模の測量やマッピング、定期的な点検作業などでもかなり活躍しそうです。

 

 

 

 

 

ドローン MAVIC三兄弟

各国では日本で言う電波法なるものが絶対に存在します。

 

これは電波を使うものに対して全てに適応されます。

もちろん、ラジコンであるDJIのドローンもそうです。

 

なので電波を使うものには有名どこでCE,FCC,技適などのマークが

絶対にあります。

 

特に日本は電波に対してめっちゃうるさく

怒らせないほうがいいです。

 

自分が昔経験したのは

ラップトップにemobileを使ってただけで

電波車から人が出てきて”何やってるの?”って言われたり

しました。

 

で、話を戻しますと、

 

よく通販サイトやオークションサイトであるDJIの海外版について

 

上記の通り、日本には日本の電波法があり、

ラジコンはそれに準じて電波を飛ばす必要があります。

 

DJIのホームページを見ると

このように映像伝送距離(飛行距離)

があるのですが、

 

これは日本では大体4kmしか飛ばないよ。

それに2.4GHzしか使えないよ。

ということです。

 

実際は目視外飛行、高高度飛行などは許可がいるので

仕事以外はそうそうないですが….

 

これがもし、海外仕様の場合だと

大体7kmまでしかとばないよ。

2.4GHz,5.8GHzどっちも使えるよ。

と、5.8GHz帯と、飛行距離を+3kmも飛ばすことが可能になります。(飛行距離はW数の増加により)

どっちにしろ実際は電波干渉などがあるので

カタログ値の40%~50%ぐらいが実飛行距離

と思うのが良いでしょう。

 

これを見ちゃうと海外版が欲しくなりますよねぇ~

そんな需要が少なからず存在するので

バイヤーは海外版のを輸入をし、マージンとって

ヤフオクや通販サイトで並行輸入品、海外版

などとつけて販売しています。

 

で、それを買えば、文字通り海外仕様が使えて

7km飛ばせるぜIYH!と……

 

そうは問屋が卸しません

 

最近のはちゃんと対策しているらしく

 

昔は送信機側の物理スイッチで出力を変えれた(P2時代)

り、送信機丸々とっかえとかの荒業などできたのですが、

 

今はソフトウェア制御になり、

 

GPSなどで現在位置を取得し、その国コードに合った

電波出力をすると言う仕様に変わっています。

 

なので

たとえ海外仕様の物を日本で飛ばしたとしても

GPSや携帯基地局から位置情報を取得され、

日本とわかれば5.8GHz使えて、7km飛ばせる

海外仕様でも2.4GHzのみの4kmまでとなります。

 

もちろん、海外へ持っていけばその国コードにあった

出力で飛ばすことができます。

 

で。

 

本当に日本仕様でも5.8GHzは出るのか?

とか思う人の為にこちらを

 

実際に日本仕様のMavic2で5.8GHzを出力させてみました。

さすがにこの為だけに海外は行けないので

某大学の電波暗室を使う予定がありましたので試験の合間

にぱぱっとやりました

今思えばドア空いてたような…..

 

結論

 

ヤクオクやマーケットプレイス等の通販で売ってるDJI製品の”海外仕様”は

地味に高いし、保障が効かないだけで

デメリットだらけなのに

国内仕様となんら変わらない。

(現在のDJIドローン全てに該当)

なので日本正規品を買いましょう。

 

自分は最近MAVIC欲しいと思ってる

 

ハッセルブランドの1インチセンサー搭載モデル

 

 

ズーム機能が搭載の通常モデル

 

バッテリーやケースなどが入った

オトクなキット

 

バッテリーだけ

って人はコチラのバッテリー単体

 

 

 モニターは別途用意

 

送信機に標準で高輝度モニターが付いたモデル